2005年10月14日

履歴書5

【室内飼い】

日に日に元気になってくるクロロを見ながら
銀猫はもう放し飼いは無理だと考えはじめました。
開放的に作ってある田舎家で、
室内飼いをするのはどうしたらいいのかわかりませんでした。
当時はまだ猫雑誌など読んだこともありませんでしたし
インターネットもしていませんでしたから
情報を得る場所が無かったのです。。

そうこうしてるうちに、獣医さんからいただいた
ペットの情報雑誌にケージの広告が載っていました。
閉じこめられるのは嫌がりそうだったけれど
ケージ飼いにしてみようかと考えて
広めの居心地よさそうなケージを注文しました。

ケージはガラスごしに外の光がはいる場所に置いて。
カーテンで調整できるようにしました。
自由な暮らしをしていたクロロにとって
突然閉じこめられたのは、
かなりストレスになったと思います
最初は声が枯れるほど鳴いて、
疲れて寝るという状態でした。
ずっとケージだと運動不足になるし可哀想なので
夜に家中の戸をしめて鍵もしめた後に出すことにしました。
(鍵がしめてないと、軽い戸なら自分であけてしまうのです)

でも、だんだん環境に慣れてくると
あまり鳴かなくなり落ち着いてきましたが、
庭を走り回っていた頃のような機敏さは消えてしまいました。
時々狂ったように走り回ったりはしますけれどね。

こうして室内飼いになって7〜8年になります。
たまに隙をみて庭に逃げ出す時がありますが
すぐに連れ戻されておとなしくケージに収まっています。

逃げ出した後のクロロを抱くと筋肉が張っていて
抱き心地がいつもとまったく違うのです
そんな時は、猫本来の行動を封印させてしまって
可哀想だなと思うこともありますが
もう2度と痛い目にうわせてくないので
心のなかで「我慢してね」と思っています。

ニックネーム 銀猫 at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月30日

履歴書4

【2回目の手術】

この日は休日で家族みんなが家にいました。
クロロの交通事故は、
母の目の前で起こりました。

母が何か仕事をしていたらしいのですが
ダンプが通り過ぎようとしていたところに
クロロがスッと道を横切ろうとしました。
今はダンプは通行禁止になりましたが、
以前はたくさん通っていたのです。

不幸中の幸いと言うのでしょうか
ちょうどタイヤとタイヤの間の隙間を抜けたので
轢かれなくてすんだのですが。
車体の下の出っ張りの部分に強く身体をぶつけたようです。

きっとショックと痛みとでパニックだったのかもしれません。
クロロはお向かいの家の垣根の下にうずくまったきり
出てこなくなってしまいました。
家族みんなで行って、名前を呼んだり励ましたりしてなだめ
少し近くまできたところで抱きかかえて保護。
いつもの獣医さんのところに走りました。

病院についたら、院長先生はお留守でした。
助手の先生が応急処置をしてくださって
詳しい診察は院長先生が戻ってからということでした。。
必要なら手術もしますということで
心配しながらも、いったんクロロをお預けして帰宅しました。

その夜、お電話で様子をうかがったところ
以前と同じような内臓破裂をしていたので
すぐに手術をして無事に成功したということでした。
それからしばらく入院。
銀猫は毎日通院して治療を見守りました。
ニックネーム 銀猫 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月29日

履歴書3

【1回目半の交通事故】

交通事故で大手術をして九死に一生を得たクロロでしたが
銀猫は心配しながらも放し飼いを続けていていました。
銀猫の住んでいるところは、田舎町なので
どこの家でも猫は自由にさせているのが普通でした。
そのためか室内飼いにするということに思い至らなかったのです。

ある日、ソファーに蹲っているクロロを見て
いつもと様子が変だなと思い病院に連れて行きました。
そうしたら、前のようにはひどくはありませんでしたけれど
何かにぶつかったのかもしれないということでした。
この時は注射をしてもらっただけですぐに元気になりました。
ニックネーム 銀猫 at 09:44| Comment(0) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

履歴書2

【最初の手術】

おそらくまだ2歳くらいの時だったと思う。
当時は放し飼いにしていたので
自由に外へ出て遊んでいた。

ある日のこと、ふと玄関マットをみると
口から血を流したクロロが、
なんとも言えない目で見上げていた。

何があったのか訳がわからず、
慌てて獣医さんに電話し、病院へ
行く途中、車の中で苦しそうに暴れだしたので
もうダメなのかもしれないと覚悟もした。
幸いすぐに診察してもらえて、緊急手術。
あとから説明を聞いたところによると、
交通事故による内臓破裂だったとのこと。

入院は10日くらいだったか?
銀猫は毎日病院に会いに行って治療を見守る。
晴れて退院。
ところが、家に戻ってきて放したらすぐに
クロロはお気に入りの冷蔵庫の上に飛び上がった。
特に行動制限も言われていなかったので気にも止めなかったけれど
しばらくして、降りてきたら
なんだかお腹の辺りが何かぶら下がっているような…
あわてて病院に引き返して再入院。
2〜3日後には今度こそ元気に退院できた
ニックネーム 銀猫 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月09日

履歴書1

クロロについて

本名:黒ちょび
愛称:クロ、クロロ、にゃんきち、ニャンキ等
種類:きじ虎猫

1995年頃、妹の知人宅に数匹兄弟の1匹として生まれる。
赤ん坊の頃から体が大きく
祖母がペルシャ猫だったという噂あり。
生後2〜3ヶ月で、三毛猫(雌)の兄弟と一緒に我家へ

それぞれ「黒ちょび」「赤ちょび」と名付けられるも、
なぜか本名で呼ぶ家族は皆無。
家族それぞれ好きな名前で呼ぶが、
銀猫は「クロロ」と「ミケケ」に落ち着く。
ニックネーム 銀猫 at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする