2005年07月10日

履歴書2

【最初の手術】

おそらくまだ2歳くらいの時だったと思う。
当時は放し飼いにしていたので
自由に外へ出て遊んでいた。

ある日のこと、ふと玄関マットをみると
口から血を流したクロロが、
なんとも言えない目で見上げていた。

何があったのか訳がわからず、
慌てて獣医さんに電話し、病院へ
行く途中、車の中で苦しそうに暴れだしたので
もうダメなのかもしれないと覚悟もした。
幸いすぐに診察してもらえて、緊急手術。
あとから説明を聞いたところによると、
交通事故による内臓破裂だったとのこと。

入院は10日くらいだったか?
銀猫は毎日病院に会いに行って治療を見守る。
晴れて退院。
ところが、家に戻ってきて放したらすぐに
クロロはお気に入りの冷蔵庫の上に飛び上がった。
特に行動制限も言われていなかったので気にも止めなかったけれど
しばらくして、降りてきたら
なんだかお腹の辺りが何かぶら下がっているような…
あわてて病院に引き返して再入院。
2〜3日後には今度こそ元気に退院できた

【クロロ履歴書の最新記事】
ニックネーム 銀猫 at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | クロロ履歴書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/23109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック